家

誰にも知られずにマンションを手放す方法|不動産買取とは

土地家屋調査士とは

レディ

土地家屋調査士とは、測量して図面を書き、不動産の表題登記を行う専門家です。不動産の表題登記を他人からの依頼で行うことができる唯一の存在で、独占企業として認められている専門職です。不動産の表題登記とは、土地を分けたり建物を建てた場合に必要となる手続きで、不動産の場所や広さ、用途など様々な情報を独自の測量方法で数値化して明記することです。高度な測量技術と登記申請に関する知識がある人物でなければ、できない仕事だといえます。
土地家屋調査士の最も重要や役目は、土地の境界をハッキリとさせることです。近年、土地の境界についてのトラブルが増えてきました。特に東京のように建物の間隔が狭く、所有者が頻繁に変わるような地域では、トラブルがつきません。東京の中で無用なトラブルに巻き込まれないためにも、土地家屋調査士に依頼してあらかじめ土地の境界をハッキリと定めておきましょう。所有者が土地家屋調査士の測定した土地の境界に納得しなかった場合には裁判になりますが、土地の境界線を測るのはやはり土地家屋調査士なので、決定が覆ることはまずありません。¥こうして近年活躍する機会が増えている土地家屋測定氏ですが、土地の境界紛争に見られるように、測量の技術だけでなく、法律に関しても明るくなければならず、不動産に関する法律家としても期待が高まっています。
土地家屋調査士は、顧客からの依頼があって初めて動くものです。東京で不動産の表題登記をする必要がある場合や、東京の土地のことでトラブルに巻き込まれたら、土地家屋調査士に相談してみましょう。